胸が大きいことによる悩み

胸が大きいことによる悩み

女性らしさを強調するには、やはり胸が大きいほうがいい…というのが世間のイメージだと思います。

 

実際に胸が小さくてコンプレックスとなり悩んでいる人も多いでしょう。でも反対に胸が大きくて悩んでいる人もいますし、それがコンプレックスとなっている人もいます。

 

胸が大きくて悩むなんて羨ましい!と胸が小さい人からしてみると思うでしょうが、胸が大きい人はそれなりに悩みを抱えています。ではどんな悩みを抱えているのでしょうか。

 

洋服によっては胸が目立ってうまく着こなせない

 

好きな洋服をかっこよく・可愛く着こなしたいと思うでしょうが、胸が大きいことによってうまく着こなせなくなる場合もあります。

 

体のラインを強調するようなものは、胸が目立ちすぎてしまいますし、シャツやブラウスなどは胸が大きいとボタンが止まらないといった問題も起きます。

 

胸を隠す洋服を無意識のうちに選ぶようになるので、結果としておしゃれを十分に楽しめなくなるでしょう。また、洋服選びも大変です。サイズも胸が大きいせいでワンサイズ上げなくてはいけない…なんてよくある話ですね。

 

太って見える

 

胸が大きい人というのは、どうしても太って見えます。本当は細身体型なのに、胸が大きいというだけで太って見えるのですから、とても損をしているともいえます。

 

確かに胸元というのは視線が行きますから、その段階でちょっとぽっちゃり?なんて体型を判断されてしまうのです。

 

可愛い下着がない

 

これも洋服と同じですが、下着はサイズが小さめのほうが可愛いデザインが揃っています。

 

胸が大きい人はグラマーサイズなどを選ばなくてはいけませんが、大きなサイズになればなるほどにおしゃれで可愛い下着のデザインが減っていくのです。

 

また大きなサイズは実用的なものが多く、フルカップなどになるので、かなり存在感がアップして可愛らしさがなくなります。

 

肩こりがひどい

 

胸が大きいと、肩がこりやすいと訴える人もいます。

 

サイズが大きいと重いから肩こりが起きると昔は思われていましたが、実際にはそういう理由ではなく肩こりが起こっているようです。胸が大きい人はそれをコンプレックスに感じて、ついつい無意識のうちに猫背