理想の美しいバストの形

理想の美しいバストの形

胸は大きいほうがいいと考える女性が多いですが、やはり大きい人なりに悩みはあるもので、それを考えると、小さすぎず大きすぎず…適度な大きさがいいというのが女性の理想となります。

 

でも、理想のバストというのは大きさだけではありません。その形もバストの美しさを大きく左右します。

 

胸の形の種類

 

胸の形は、いくつかの種類で分けられます。

 

まず、胸が小さくて悩んでいる…という人の形として多いのが、皿型と呼ばれるものです。

 

ふくらみが小さく、お皿を被せたような形になっていることから、皿型といわれます。

 

扁平型とも呼ばれます。次に、円錐型や円盤型というものです。円錐型は上下対象となってちょっと尖っている形で、円盤はそれよりも少しトップの位置が下がっている形です。

 

突き出ている形としては、釣鐘型というものもあります。

 

その他、形として全てが均等で全体的にふくらみがあるものを半球型という種類に分類をします。そして老化とともに下がってきたものは下垂型になるでしょう。

 

これ以外にも、まだ呼ばれている名前のある胸の形があります。今自分の胸はどの形に当てはまるか、チェックしてみてください。

 

理想的な胸の形とは?

 

上で挙げた胸の形の種類の中で、理想といわれているのは、半球型、もしくは円錐型です。

 

半球型ならば均一に丸く美しいですし、円錐型も上向きバストなので、とても美しい形といえるでしょう。

 

こうした形の胸を持っている人は、それほど頑張らずにブラをつけて胸を支えているだけで胸の形が美しく仕上がります。

 

人によって理想の形は様々ですが、やはり周りから見ても美しく見える胸というのは、この半球型もしくは円錐型となります。

 

サイズだけではない胸

 

人は胸のサイズだけにこだわってしまいやすいのですが、胸が大きくなっても形が美しくなければ大きくなる意味がありません。

 

大きくなっても下垂型だったら、かなりトップがしたの位置にきてしまうので、ボリュームが出るかというとそうでもないでしょう。

 

大きくするために色々な方法がありますが、間違ってもサイズだけを大きくしようと思わないでください。自分にとってバランスのいいサイズや形がありますから、それを自分で理解して、そのサイズやその形に近づけていきましょう。

 

胸は大きいほうがいいと考える女性が多いですが、やはり大きい人なりに悩みはあるもので、それを考えると、小さすぎず大きすぎず…適度な大きさがいいというのが女性の理想となります。

 

でも、理想のバストというのは大きさだけではありません。その形もバストの美しさを大きく左右します。

 

胸の形の種類

 

胸の形は、いくつかの種類で分けられます。まず、胸が小さくて悩んでいる…という人の形として多いのが、皿型と呼ばれるものです。

 

ふくらみが小さく、お皿を被せたような形になっていることから、皿型といわれます。

 

扁平型とも呼ばれます。次に、円錐型や円盤型というものです。円錐型は上下対象となってちょっと尖っている形で、円盤はそれよりも少しトップの位置が下がっている形です。突き出ている形としては、釣鐘型というものもあります。

 

その他、形として全てが均等で全体的にふくらみがあるものを半球型という種類に分類をします。そして老化とともに下がってきたものは下垂型になるでしょう。

 

これ以外にも、まだ呼ばれている名前のある胸の形があります。今自分の胸はどの形に当てはまるか、チェックしてみてください。

 

理想的な胸の形とは?

 

上で挙げた胸の形の種類の中で、理想といわれているのは、半球型、もしくは円錐型です。

 

半球型ならば均一に丸く美しいですし、円錐型も上向きバストなので、とても美しい形といえるでしょう。

 

こうした形の胸を持っている人は、それほど頑張らずにブラをつけて胸を支えているだけで胸の形が美しく仕上がります。

 

人によって理想の形は様々ですが、やはり周りから見ても美しく見える胸というのは、この半球型もしくは円錐型となります。

 

サイズだけではない胸

 

人は胸のサイズだけにこだわってしまいやすいのですが、胸が大きくなっても形が美しくなければ大きくなる意味がありません。

 

大きくなっても下垂型だったら、かなりトップがしたの位置にきてしまうので、ボリュームが出るかというとそうでもないでしょう。

 

大きくするために色々な方法がありますが、間違ってもサイズだけを大きくしようと思わないでください。

 

自分にとってバランスのいいサイズや形がありますから、それを自分で理解して、そのサイズやその形に近づけていきましょう。